コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

覆い被さる オイカブサル

デジタル大辞泉の解説

おい‐かぶさ・る〔おひ‐〕【覆い被さる】

[動ラ五(四)]おおいかぶさる」の音変化。「大きな枝が道の両側から―・る」

おおい‐かぶさ・る〔おほひ‐〕【覆い被さる】

[動ラ五(四)]
全体を覆うようにかぶさる。「前髪が目に―・る」
強い圧迫感をもって身に及んでくる。「責任が―・ってくる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おいかぶさる【覆い被さる】

( 動五[四] )
おおいかぶさる 」に同じ。 「大きな樹の枝が…二人の頭に-・る様に空を遮つた/門 漱石

おおいかぶさる【覆い被さる】

( 動五[四] )
上からつつむようにかぶさる。 「思わず子供の上に-・る」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

覆い被さるの関連情報