コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見瀬丸山古墳 みせまるやまこふん

2件 の用語解説(見瀬丸山古墳の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

見瀬丸山古墳【みせまるやまこふん】

奈良県橿原市にある6世紀後半―7世紀の前方後円墳(史跡)。この時期では最大の全長310m。後円部の横穴式石室も国内最大の全長30m。宮内庁が管理する畝傍陵墓参考地でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典内の見瀬丸山古墳の言及

【藤ノ木古墳】より

…さらに,奈良県内には6世紀の前方後円墳が15基あり,うち11基が全長50m以上である。埋葬施設は全長13.95mの横穴式石室で,見瀬丸山(みせまるやま)古墳の26.2mや石舞台古墳の19mを別格としても,烏土塚(うどづか)古墳や牧野古墳など隣接する地域にもそれ以上の横穴式石室墳が存在する。石室内には刳抜式家形石棺が置かれている。…

【身狭】より

…宣化天皇陵は,《日本書紀》や《延喜式》には,身狭桃花鳥坂上(むさのつきさかのえ)陵とみえている。この宣化天皇陵については,現在治定のミサンザイ古墳(橿原市鳥屋町所在)とは違って,奈良県下最大の前方後円墳である見瀬丸山古墳(橿原市見瀬町,大軽町,五条野町にまたがっている)をあてる説が存在する。この見瀬の地名は,身狭のなまりとみてよい。…

※「見瀬丸山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

見瀬丸山古墳の関連キーワード奈良県橿原市畝傍町奈良県橿原市大軽町奈良県橿原市城殿町奈良県橿原市木原町奈良県橿原市五条野町奈良県橿原市醍醐町奈良県橿原市鳥屋町奈良県橿原市縄手町奈良県橿原市飯高町奈良県橿原市和田町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone