コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

見瀬丸山古墳 みせまるやまこふん

百科事典マイペディアの解説

見瀬丸山古墳【みせまるやまこふん】

奈良県橿原市にある6世紀後半―7世紀の前方後円墳史跡)。この時期では最大の全長310m。後円部横穴式石室も国内最大の全長30m。宮内庁が管理する畝傍陵墓参考地でもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の見瀬丸山古墳の言及

【藤ノ木古墳】より

…さらに,奈良県内には6世紀の前方後円墳が15基あり,うち11基が全長50m以上である。埋葬施設は全長13.95mの横穴式石室で,見瀬丸山(みせまるやま)古墳の26.2mや石舞台古墳の19mを別格としても,烏土塚(うどづか)古墳や牧野古墳など隣接する地域にもそれ以上の横穴式石室墳が存在する。石室内には刳抜式家形石棺が置かれている。…

【身狭】より

…宣化天皇陵は,《日本書紀》や《延喜式》には,身狭桃花鳥坂上(むさのつきさかのえ)陵とみえている。この宣化天皇陵については,現在治定のミサンザイ古墳(橿原市鳥屋町所在)とは違って,奈良県下最大の前方後円墳である見瀬丸山古墳(橿原市見瀬町,大軽町,五条野町にまたがっている)をあてる説が存在する。この見瀬の地名は,身狭のなまりとみてよい。…

※「見瀬丸山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

見瀬丸山古墳の関連キーワード丸山古墳〈奈良県橿原市〉上ッ道・中ッ道・下ッ道野口王墓古墳蘇我堅塩媛綾塚古墳欽明天皇阿倍鳥身狭