コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

親指姫 おやゆびひめ

大辞林 第三版の解説

おやゆびひめ【親指姫】

アンデルセンの童話。チューリップの花から生まれた小さな姫の物語。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

親指姫
おやゆびひめ
Tommelise

アンデルセンの最初期の童話。子供のないおばさんの願いでチューリップの花から生まれた小さい姫が花びらのボートで遊んでいると、ヒキガエルが息子の嫁にとさらってゆき、川岸のハスの葉にのせておいて花嫁を住まわせる部屋づくりにかかる。姫に同情した魚たちがハスの茎を食い切る。流れてゆく姫をみて、コガネムシが飛んできて彼女をさらい、自分の嫁にしようとするが、手足が2本ずつしかないといって仲間から笑われ、姫を捨てる。野ネズミのおばさんに助けられて飢えと寒さの冬を越すが、今度はモグラに求婚され、倒れていたのを救ってやったツバメの助けで南国へ逃れるが、ツバメの求愛をよそに花の妖精(ようせい)と結婚、幸福な生涯に入る。変化に富んだおもしろい話だが、姫の生き方が少しく無節操で名作とはいえまい。[山室 静]
『山室静訳『アンデルセン童話集』(新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

親指姫の関連情報