コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観世元規 かんぜ もとのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

観世元規 かんぜ-もとのり

1845-1924 幕末-大正時代の能楽師太鼓方。
弘化(こうか)2年2月17日生まれ。8歳のとき幕府の祝能に出演。明治維新に際し,静岡移住。のち東京にもどり,能舞台の第一線で活躍。明治・大正天皇の天覧能にも出演した。大正12年父元常の50年追善能の「遊行柳(ゆぎょうやなぎ)」が最後の舞台となった。大正13年1月5日死去。80歳。江戸出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の観世元規の言及

【観世流】より

…重次をはじめ数代にわたって名手が輩出した。明治維新当時の家元15世観世元規(もとき)(1844‐1924)はシテ方観世流の家元と進退をともにして静岡に下ったが,のち東京に戻り活躍し,近代の名人として名高い。現在の家元は16世観世元信(もとのぶ)(1931‐ ,元規の孫)で,能楽協会に登録されている同流の役者は東京,名古屋,京都を中心に約20名。…

※「観世元規」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

観世元規の関連キーワード幸 清次郎能忠松村 隆司大正時代幕末弘化

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android