コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観光繻子 カンコウジュス

デジタル大辞泉の解説

かんこう‐じゅす〔クワンクワウ‐〕【観光×繻子】

縦糸に絹糸、横糸に綿糸を使って交ぜ織りにし、光沢をつけて唐繻子(とうじゅす)に似せた織物。明治初期に、産地の群馬県桐生が東京浅草観光社に託して販売したので、この名がある。
[補説]「看光繻子」「寒紅繻子」とも書く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

観光繻子の関連キーワード唐繻子

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android