コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角張る カクバル

デジタル大辞泉の解説

かく‐ば・る【角張る】

[動ラ五(四)]
四角い形をしている。また、かどができてまるみがない。「―・った字」
しかつめらしくまじめになる。かたくるしくなる。四角ばる。「―・らずに話し合おう」

かど‐ば・る【角張る】

[動ラ五(四)]
角が出っ張っていて、ごつごつする。「―・った顔」
態度言葉遣いが窮屈な感じを与える。四角ばる。「―・ったあいさつは抜きにして」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくばる【角張る】

( 動五[四] )
四角な形である。かどができている。 「 - ・った顔」
堅苦しいさまである。四角ばる。 「 - ・った態度で話す」

かどばる【角張る】

( 動五[四] )
かどが突き出ていて丸みがない。かくばる。 「 - ・った字」
打ち解けない、窮屈なふるまいをする。四角ばる。 「 - ・った態度をくずさない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

角張るの関連キーワードウドノキ(独活の木)アマドコロ(甘野老)クロウスゴ(黒臼子)オウウヨウラクガイウスノキ(臼の木)ニシキヒザラガイアーティチョークミミズク(昆虫)エゾボラモドキムラサキシジミフクギ(福木)リンデンバウムサガミソコダラセンネンダイヨコフエダイイカリモンガハゲブダイノボタン科トビトカゲ混合石礫岩