解夏(読み)ゲゲ

  • あきげ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 安居(あんご)(=四月から七月の夏季九〇日間にわたって行なわれる仏道修行)の修行が終わること。
〘名〙 (「げ」「げ」はそれぞれ「解」「夏」の呉音) 仏語。夏安居(げあんご)の制を解くこと。七月一六日以後、または八月一六日以後、一か月以内に夏安居を解散すること。夏解(げあき)。夏(げ)の果(はて)。かいげ。《季・秋》
※正法眼蔵(1231‐53)安居「結夏のゆゑにきたる〈略〉解夏のゆゑにさる」
※新傾向句集(1915)〈河東碧梧桐〉明治三九年「雲晴れて解夏(ゲゲ)の鶯きこえけり」 〔荊楚歳時記〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の解夏の言及

【安居】より

…これを一夏九旬といって,各教団や大寺院でいろいろの安居行事がある。安居の開始は結夏(けつげ)といい,終了は解夏(げげ)というが,解夏の日は多くの供養があるので,僧侶は満腹するまで食べる。これが僧自恣(じし)の日で,盂蘭盆会(うらぼんえ)は7月15日に自恣の僧に百味飲食(ひやくみのおんじき)を供する日である。…

※「解夏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android