触り(読み)サワリ

デジタル大辞泉の解説

さわり〔さはり〕【触り】

さわること。また、触れた感じ。感触。多く他の語と複合して「ざわり」の発音で用いられる。「手触り」「舌触り」「肌触り
人に接したときの感じ。人あたり。
「女のたちが、少し私には―が冷たいからだろうか」〈三重吉・桑の実〉
《他の節(ふし)にさわっている意》義太夫節で、義太夫節以外の他流の曲節を取り入れた部分。
義太夫節の一曲の中で、一番の聞きどころとされる箇所。
4から転じて》広く芸能で、中心となる見どころ・聞きどころ。また、話や文章などで最も感動的、印象的な部分。「小説の触りを読んで聞かせる」
三味線の音響装置。また、それによって出る音。上駒(かみごま)から約1センチ下までの棹(さお)の表面を浅く削り、一の糸を上駒から外して軽く触れるようにする。複雑なうなり音を生じる。
[補説]5について、文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「話のさわりだけ聞かせる」を、「話などの要点のこと」と「話などの最初の部分のこと」の、どちらの意味だと思うかを尋ねたところ、次のような結果が出た。
 平成15年度調査平成19年度調査平成28年度調査
話などの要点のこと
(本来の意味とされる)
31.1パーセント35.1パーセント36.1パーセント
話などの最初の部分のこと
(本来の意味ではない)
59.3パーセント55.0パーセント53.3パーセント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さわり【触り】

〔動詞「触る」の連用形から〕
手や体でふれること。また、ふれた感じ。多く他の語と複合して用いられる。 「手-」 「肌-」
浄瑠璃用語。
〔他の節ふしにさわっている意。普通「サワリ」と書く〕 義太夫節以外の先行の曲節を義太夫節に取り入れた箇所。
曲中で最も聞きどころ、聞かせどころとされている部分。本来は口説きといわれる歌謡的部分をさす。
が転じて〕
広く楽曲で中心となる部分。聞かせどころ。
話の中心となる部分。聞かせどころ。
演劇・映画などの名場面。見どころ。 「西部劇の-を集めて編集した映画」
三味線の特殊な仕掛け。一の糸を開放弦として弾くときに、複雑なうなり音を出すようにしたもの。また、その音。琵琶びわの仕組みが取り入れられたもの。
[句項目] 触り三百

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

触りの関連情報