コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

さわり

百科事典マイペディアの解説

さわり

日本音楽用語。(1)義太夫節などで,他種目の旋律様式を取り入れた部分。通常旋律的に美しいので,聞き所と考えられ,転じてクドキ口説)の部分の別称にも。サハリサワリと書く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

さわり

佐宮圭の著作。2010年、第17回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞して同年刊行。受賞時のタイトルは「鶴田錦史伝 大正、昭和、平成を駆け抜けた男装の天才女流琵琶師の生涯」。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さわり

(1)義太夫節の用語。義太夫節の曲の構成部分。もともとの意味は〈他流の節(ふし)に触(さわ)る〉ということで,義太夫節以外の曲節を採り入れた部分をいう。たとえば〈半太夫さわり〉など。しかし,〈さわり〉の部分はこの部分を目立たせるためであったので,それが転じて旋律の美しい部分を指すようになり,本来クドキと呼ばれるところを示し,さらには曲中の聞きどころを意味するようになった。そして,義太夫節以外でも,いろいろなジャンルでその曲の味わい深い部分をあらわしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

さわり
さわり

かつてはサハリと書いた。雅楽琵琶(びわ)以外の琵琶や三味線の発音特性。琵琶では第一柱(じゅう)が他の柱より高く、弦が振動するとこの柱に断続的に触れて、指で押さえた音高と同時に別の音高が鳴り複雑な音色が生まれる。これをサワリという。三味線でも上駒(かみごま)に支えられていない一の糸が、直接棹(さお)のサワリ山という部分に触れて一種のうなり音を生む。
 また本来、義太夫節(ぎだゆうぶし)で他流の曲節を取り入れた部分をさすが、今日では一段中の聞かせどころの俗称となり、転じて、すべての芸能の聞きどころをさすようにもなった。[卜田隆嗣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のさわりの言及

【駒】より

…三味線や胡弓では棹の上端に固定させた細長い棒状のものを上駒(かみごま)といい,駒と上駒で弦が支えられている。三味線では一の糸(最低音弦)の部分だけ上駒が省かれており,〈さわり〉(余韻をともなった複雑な音色)のくふうがなされている。三味線では駒の底(台という)の広いものを台広(だいびろ)といい,義太夫や地歌の一部(柳川三味線)で使う。…

※「さわり」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

さわりの関連キーワードおさわり探偵 小沢里奈 ライジング3 なめこはバナナの夢を見るか?おさわり探偵 小沢里奈 なめこリズム差し合い・指し合い・差合い・指合いおさわり探偵 なめこ栽培キットおさわり探偵 なめこ大繁殖おさわり探偵 小沢里奈月経の別称のいろいろ周南家庭実科学校スネア・ドラム葦分け・葦別けストバイオス周南女紅学校差し合ひ繰る言葉を吞む小田原風鈴葦別け小舟毛主席語録もふもふ信仰治療触り三百

さわりの関連情報