コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記憶色

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

記憶色

人が「もの」について標準的に思い浮かぶ色のこと。たとえば、「空=」「雲=白」というように実際の色よりも色味が強調される。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きおく‐しょく【記憶色】

多くの人が、ある対象の色の印象として記憶している色。実際の色とは異なる場合がある。印象色
[補説]広告写真などでは、本来の色よりも記憶色に近づくように仕上げることがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記憶色
きおくしょく
memory colour

E.ヘリングが提唱した心理学用語。日常見慣れた事物について,それらに固有な色として記憶されている色調のこと。目前の事物の色の知覚に際して,このような経験的な要因が一種のフィルタ的な効果を及ぼして,現にその事物から反射してくる光の波長に対応した色でなく,木の葉は緑というような,記憶された色が知覚されることがある。 (→色の恒常 )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

記憶色の関連キーワード恒常

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

記憶色の関連情報