コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

記憶色

3件 の用語解説(記憶色の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

記憶色

人が「もの」について標準的に思い浮かぶ色のこと。たとえば、「空=青」「雲=白」というように実際の色よりも色味が強調される。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

きおく‐しょく【記憶色】

多くの人が、ある対象の色の印象として記憶している色。実際の色とは異なる場合がある。印象色。
[補説]広告写真などでは、本来の色よりも記憶色に近づくように仕上げることがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

記憶色
きおくしょく
memory colour

E.ヘリングが提唱した心理学用語。日常見慣れた事物について,それらに固有な色として記憶されている色調のこと。目前の事物の色の知覚に際して,このような経験的な要因が一種のフィルタ的な効果を及ぼして,現にその事物から反射してくる光の波長に対応した色でなく,木の葉は緑というような,記憶された色が知覚されることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記憶色の関連キーワードリング型ネットワークeビジネスエビングハウス個人心理学ダーリング川メタ心理学幼児心理学ライトカウンセリングフォーカシング佐治守夫

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone