コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訪ふ トブラウ

デジタル大辞泉の解説

とぶら・う〔とぶらふ〕【訪ふ】

[動ハ四]
訪問する。
「我が庵は三輪の山本恋しくは―・ひ来ませ杉立てる門(かど)」〈古今・雑下〉
安否を問う。見舞う。
「外の人さへ…いとほしがり―・ふものを」〈落窪・二〉
さがし求める。尋ねる。
「遠く異朝を―・へば」〈平家・一〉

とむら・う〔とむらふ〕【訪ふ】

[動ハ四]《「とぶらう」の音変化》安否を問う。見舞う。
「軽薄の人は絶えて―・ふ日なし」〈読・雨月・菊花の約〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とぶらう【訪ふ】

( 動四 )
訪問する。おとずれる。たずねて行く。たずねて来る。 「秋の野に人まつ虫の声すなり我かと行きていざ-・はむ/古今 秋上
たずねて行って見舞う。また、便りをする。 「つぎつぎに寄り来つつ-・ふも、いとなかなかなり/紫式部日記」
たずねて行って世話をする。 「明練は、その庵に住して行ふ間、世の人、皆これを貴びて-・ふ/今昔 11
質問する。問いただす。 「尋ぬべき義をも-・はざるは悪しきなり/正法眼蔵随聞記」
先例などを調べる。捜し求める。 「異朝の先蹤せんしようを-・ふに/平家 1

とむらう【訪ふ】

( 動四 )
〔「とぶらう(訪)」の転〕
安否を問う。見舞う。とぶらう。 「近所のことにて候ふほどに立ち越え-・はばやと思ひ候/謡曲・昭君」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

訪ふの関連キーワード閑話・間話会沢正志斎長刀会釈露の宿菖蒲草天霧る安否昭君杖履雄弁雅談鎖し

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android