コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訪ふ トブラウ

4件 の用語解説(訪ふの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とぶら・う〔とぶらふ〕【訪ふ】

[動ハ四]
訪問する。
「我が庵は三輪の山本恋しくは―・ひ来ませ杉立てる門(かど)」〈古今・雑下〉
安否を問う。見舞う。
「外の人さへ…いとほしがり―・ふものを」〈落窪・二〉
さがし求める。尋ねる。
「遠く異朝を―・へば」〈平家・一〉

とむら・う〔とむらふ〕【訪ふ】

[動ハ四]《「とぶらう」の音変化》安否を問う。見舞う。
「軽薄の人は絶えて―・ふ日なし」〈読・雨月・菊花の約〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とぶらう【訪ふ】

( 動四 )
訪問する。おとずれる。たずねて行く。たずねて来る。 「秋の野に人まつ虫の声すなり我かと行きていざ-・はむ/古今 秋上
たずねて行って見舞う。また、便りをする。 「つぎつぎに寄り来つつ-・ふも、いとなかなかなり/紫式部日記」
たずねて行って世話をする。 「明練は、その庵に住して行ふ間、世の人、皆これを貴びて-・ふ/今昔 11
質問する。問いただす。 「尋ぬべき義をも-・はざるは悪しきなり/正法眼蔵随聞記」
先例などを調べる。捜し求める。 「異朝の先蹤せんしようを-・ふに/平家 1

とむらう【訪ふ】

( 動四 )
〔「とぶらう(訪)」の転〕
安否を問う。見舞う。とぶらう。 「近所のことにて候ふほどに立ち越え-・はばやと思ひ候/謡曲・昭君」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訪ふの関連キーワード家庭訪問三問癈ふ訪ひ引こづらふ責め問ふ地域訪問問ひ訪ふビジットしょうが庵

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

訪ふの関連情報