コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

訪ふ トブラウ

デジタル大辞泉の解説

とぶら・う〔とぶらふ〕【訪ふ】

[動ハ四]
訪問する。
「我が庵は三輪の山本恋しくは―・ひ来ませ杉立てる門(かど)」〈古今・雑下〉
安否を問う。見舞う。
「外の人さへ…いとほしがり―・ふものを」〈落窪・二〉
さがし求める。尋ねる。
「遠く異朝を―・へば」〈平家・一〉

とむら・う〔とむらふ〕【訪ふ】

[動ハ四]《「とぶらう」の音変化》安否を問う。見舞う。
「軽薄の人は絶えて―・ふ日なし」〈読・雨月・菊花の約〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

とぶらう【訪ふ】

( 動四 )
訪問する。おとずれる。たずねて行く。たずねて来る。 「秋の野に人まつ虫の声すなり我かと行きていざ-・はむ/古今 秋上
たずねて行って見舞う。また、便りをする。 「つぎつぎに寄り来つつ-・ふも、いとなかなかなり/紫式部日記」
たずねて行って世話をする。 「明練は、その庵に住して行ふ間、世の人、皆これを貴びて-・ふ/今昔 11
質問する。問いただす。 「尋ぬべき義をも-・はざるは悪しきなり/正法眼蔵随聞記」
先例などを調べる。捜し求める。 「異朝の先蹤せんしようを-・ふに/平家 1

とむらう【訪ふ】

( 動四 )
〔「とぶらう(訪)」の転〕
安否を問う。見舞う。とぶらう。 「近所のことにて候ふほどに立ち越え-・はばやと思ひ候/謡曲・昭君」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

訪ふの関連情報