コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私署証書 シショショウショ

デジタル大辞泉の解説

ししょ‐しょうしょ【私署証書】

私人として作成・署名した証書私文書

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししょしょうしょ【私署証書】

私人の立場で作成・署名した証書。私文書。 ⇔ 公正証書

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

私署証書
ししょしょうしょ

私文書の一形態。私人(公務員が職務外で作成する場合を含む)により作成された文書(私文書)で、作成者の署名、署名押印または記名押印がなされているものをいう。私署証書は、確定日付の付与および公証人による認証の対象となる私文書を示す場合に限って用いられる。そのため、単に作成者の意思や認識等が記載されているだけでは足りず、法律行為または法律行為に関連する事実が記載されていなければならない。私署証書はその署名または押印が真正であるとの推定を受け、それにより証書自体が真正に成立したことが推定される(民事訴訟法228条4項)。木敬一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

私署証書の関連キーワード公証人/公証人役場公正証書割印

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android