コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

詞話 しわ

大辞林 第三版の解説

しわ【詞話】

中国の詞について、その源流や詞人の得失を評論したもの。清の王国維の「人間詞話」など。
元・明の説唱芸術の一。明の諸聖鄰の「大唐秦王詞話」など。
明代の小説で、章回の中に詩詞をはさんだもの。「金瓶梅詞話」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しわ【詞話 cí huà】

(1)中国の韻文の一形式である〈〉とその作者に関する評論。その体裁は〈詩〉についてのそれである〈詩話〉に等しい。(2)中国の元・明代に流行した語り物の呼称。韻文と散文を交互にくりかえして一つの物語を語るが,韻文だけのものや,《金瓶梅詞話》のように小説の所々に韻文をまじえたものもあり,その形式は多様である。現存作品としては,上記のほか,明の成化年間刊の《花関索伝》等16種の説唱詞話,明末の《大唐秦王詞話》等がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

詞話の関連キーワード詞(中国歌謡文学)三国志演義人間詞話白兎記王国維源流鼓詞弾詞院本得失

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android