コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼓詞 こし Gu-ci

3件 の用語解説(鼓詞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鼓詞
こし
Gu-ci

中国の歌物語芸能。小説的な題材をもととした語りに流行歌を交え,伴奏の楽器として太鼓を用いて演じるもの。宋代に行われた記録があり,主として北方地方に流行した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鼓詞【こし】

中国北方地域を中心に行われる語り物音楽。中国語ではグーツー。四胡(スーフー。胡琴参照)や大三弦が主要伴奏楽器。演唱者は自ら書鼓(シューグー。太鼓の一種)と板(バン。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こし【鼓詞 gǔcí】

中国,明・清時代に北方で流行した語り物。南方に行われた弾詞とともに,中国の語り物を代表する。作品は賈鳧西(かふせい)《木皮散人鼓詞》などがある。また元・明時代の詞話とその系統を引くもの,さらに現在は大鼓及びその歌詞を指す。大鼓はおもに北方各地で民衆に親しまれ,小説や音楽と密接に結びついて発展し,芝居にも影響を与えた。清の中ごろより歌中心の短編が好まれ,演者は立って木や金属製のリズム楽器を手に歌の切れ目には太鼓を打つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

鼓詞の関連キーワード算法統宗弾詞サイケ四大奇書詞話宗人府流行り物流行り物は廃り物明刀子弟書

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone