コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認識ある過失 ニンシキアルカシツ

2件 の用語解説(認識ある過失の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

認識(にんしき)ある過失

過失のうち、行為者が、罪になるような結果の発生を認識しながらも、その発生を避けられるものと信じて行為し、結果を発生させた場合をいう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

認識ある過失
にんしきあるかしつ

過失の一種で、行為者が犯罪的結果の発生を認識してはいるがこの発生を確定的なものとして認識していない場合をいう。これに対し、犯罪的結果の認識そのものを欠く場合を「認識なき過失」(または「無意識の過失」)とよぶ。認識ある過失と「未必の故意」とは、犯罪的結果につきなんらかの認識を有する点で境を接するため、両者の区別が問題となる。この点につき、認容説(通説・判例)においては、結果につきその発生を認容、すなわち結果が発生してもかまわないと思っている場合が「未必の故意」であり、この認容を欠く場合を「認識ある過失」と解する。これに対し、蓋然(がいぜん)性説によれば、結果を確定的に認識してはいないが、相当高度な蓋然性ありと判断している場合には「未必の故意」であり、そうでなければ「認識ある過失」ということになる。ただ、認容説についても、結果発生の蓋然性が非常に低いものと考えている場合には、かりにその認容があっても故意として評価されないし、また、蓋然性説についても、高度な蓋然性を認識していれば認容があるものと一般に解しうるから、両説の間には実際にはそれほど大差はないであろう。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の認識ある過失の言及

【過失】より

…(2)刑法上の過失は,次のように分類される。(a)認識なき過失と認識ある過失 犯罪事実が発生するかもしれないと認識していたかどうかによる区別である。通常,犯罪事実の〈認識〉をこえた〈認容〉(犯罪事実が発生してもやむをえないとする意思的態度)がなければ故意は成立しない,と考えられているので,犯罪事実が発生するかもしれないと認識していても,認容がなければ過失だとされる(認識ある過失)。…

【犯罪】より

…刑法は,原則として故意による行為のみを罰し,過失による行為を罰するのは,過失犯を罰する趣旨の規定がある場合に限られる(38条1項)。 故意と過失の限界は,とくに〈未必の故意〉と〈認識ある過失〉の区別として問題になる。〈未必の故意〉とは,通説的見解によれば,犯罪事実とくに結果の発生を確定的なものと認識せずに,単に可能なものと認識しているにすぎないが,その結果の発生の認容がある場合をいう。…

【未必の故意】より

…日本の立法も,後者に属する。後者の立場において,中間的場合のうち,故意として扱うものを〈未必の故意〉といい,過失として扱うものを〈認識ある過失〉という。どのような場合が未必の故意でどのような場合が認識ある過失であるかについては学説上争いがあるが,日本では,結果の発生を認容していた場合を未必の故意とし,認容していなかった場合を認識ある過失とする〈認容説〉が一般的である。…

※「認識ある過失」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

認識ある過失の関連キーワード過失過失犯期待可能性政治的責任不法行為御為者罪作り有償行為認識なき過失無過失

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone