調理台(読み)ちょうりだい

  • ちょうりだい テウリ‥

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

調理のための台であるが、普通には流し台、こんろ台などとともに、ユニットの形式にまとめられている。甲板はステンレススチール、または合成樹脂板などでつくられ、下部は扉のついた木製の戸棚になった形式が一般的である。
 寸法は流し台とともにJIS(ジス)(日本工業規格)によって、高さは80センチメートルと85センチメートル、奥行は55センチメートルと60センチメートルとよりどころが決められている。間口寸法はユニット全体のデザインによって違うが、多くは単位の寸法が60センチメートルもしくは75センチメートルになっているので、部分的に取り替えができる。構造的にはじょうぶなことと流し台などと組み合わせたとき、すきまに水が入らないようになっていることがたいせつである。[小原二郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 料理を作るための台。
※渦巻ける烏の群(1928)〈黒島伝治〉一「調理台で、牛蒡を切ってゐる吉永が南京袋の前掛けをかけたまま入口へやって来た」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

調理台の関連情報