請地(読み)うけち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

請地
うけち

(1) 鎌倉,室町時代,荘園において地頭や荘官その他が,荘園領主に対して一定額の年貢の納入を請負っている場合,その請所土地を請地といった。 (2) 江戸時代,琉球では土地割替制 (→地割 ) が行われていたが,事情によって割替できず個人に付与された私有地を請地と称した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

うけ‐ち【請地】

中世の荘園制で、地頭などが毎年一定額の年貢を請け負って納入する代わりに、支配権の委任を受けた土地。
琉球(りゅうきゅう)で、農地の割り替えの対象とならなかった土地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android