コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

請地 うけち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

請地
うけち

(1) 鎌倉,室町時代,荘園において地頭や荘官その他が,荘園領主に対して一定額の年貢の納入を請負っている場合,その請所土地を請地といった。 (2) 江戸時代,琉球では土地割替制 (→地割 ) が行われていたが,事情によって割替できず個人に付与された私有地を請地と称した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うけ‐ち【請地】

中世の荘園制で、地頭などが毎年一定額の年貢を請け負って納入する代わりに、支配権の委任を受けた土地。
琉球(りゅうきゅう)で、農地の割り替えの対象とならなかった土地。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うけち【請地】

請所うけしよとなった下地したじ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

請地の関連キーワード中村 歌右衛門(5代目)三代御起請地指出(差出)寺島藤右衛門守護領国制本途物成淀屋个庵割地制度高持百姓直小作乙木荘本百姓高請地軍役衆荘園制下地水呑家持

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android