コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諫早湾 いさはやわん

デジタル大辞泉の解説

いさはや‐わん【諫早湾】

九州西部、有明海南西部にある内湾。日本でも有数の干潟が広がり、貝やノリの養殖が盛んであったが、平成元年(1989)防災と農地造成を目標に農水省が干拓事業を始め、平成9年(1997)堤防水門を閉鎖、干潟は消滅した。平成19年(2007)堤防の完工式が行われた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

諫早湾【いさはやわん】

有明海の一部が,島原半島北側で大きく西側に入り込んだ部分をさす。農林水産省および長崎県による〈諫早湾防災総合干拓事業〉でその名は広く知られるが,地図上で表現されることは稀な,いわば通称地名である。1997年には,約7kmにも及ぶ潮受け堤防が完成し湾内の締め切りも実施された。しかし,沿岸漁民からの締め切りによる水質悪化を懸念する声も根強く,裁判では水門開扉の是非をめぐって,福岡高等裁判所と長崎地方裁判所とがお互い正反対の判決を下すなど混乱が続いている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕諫早湾(いさはやわん)


長崎県南東部、島原(しまばら)半島の北側に有明(ありあけ)海(島原湾)から湾入した支湾。本明(ほんみょう)川の沖積作用による浅海が広がり、干潮時には広大な干潟が現れる。第二次大戦直後から国営干拓事業が実施され、1997年(平成9)に湾口に締め切り堤防(いわゆるギロチン堤防)が完成した。その後、有明海(島原湾)の水質が悪化、ノリ栽培に悪影響が発生するなどした結果、堤防の開門をめぐって漁民側が国を提訴。2008年佐賀地裁で開門を命じる一審判決、2010年福岡高裁でこれを支持する控訴審判決が出され、菅直人(かんなおと)首相は上告を断念した。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

諫早湾の関連キーワード諫早湾干拓についての民主党政策集INDEX2009の記述開門調査の環境アセス方法書素案諫早湾干拓事業をめぐる裁判諫早湾干拓事業の開門調査諫早湾干拓の開門調査諫早湾干拓佐賀訴訟諫早湾干拓開門訴訟調整池のアオコエディンバラ公長崎県諫早市長崎県雲仙市諫早開門調査雲仙(市)諫早(市)諫早[市]山下 弘文森山〈町〉潮受堤防諫早平野干拓の里

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

諫早湾の関連情報