諫鼓(読み)カンコ

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐こ【諫鼓】

〘名〙
① 中国の伝説上の聖天子堯、舜、禹が、その施政について諫言しようとする人民に打鳴らさせるために、朝廷の門外に設けたとされる鼓。いさめのつづみ。かっこ。敢諫(かんかん)の鼓(こ)。敢諫鼓。
※本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉「雖陶唐之置諫鼓、隆周之制官箴、徳政之美。不之」 〔管子‐桓公問〕
② 江戸時代、江戸の二大祭(神田祭、山王祭)の時に大伝馬町から出た山車(だし)。諫鼓鶏(かんこどり)
※咄本・御伽噺(1773)てっぽう「江戸の山王祭に麹町から出る諫鼓(カンコ)、さし渡しが三百六十間、胴の廻りが五百四五十間」
③ 小さな太鼓の側面に風車をつけ、下部にとりつけた竹笛を吹いて回転させ、風車の一端につけた糸の先の豆が太鼓をたたくように仕組んだ玩具。諫鼓鶏(かんこどり)
※江都二色(1773)「諫鼓(カンコ)苔深うしてとりおどろかず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android