コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸井 三郎 Moroi Saburo

2件 の用語解説(諸井 三郎の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

諸井 三郎

東京生まれ。小学生の頃に聞いたベートーヴェンピアノ作品に感銘を受け、以後独学で作曲を志す。東京帝国大学(現東京大学)美学美術史科在学中の1927年、文学の中島健蔵らと「スルヤ楽団」を結成。歌曲やオペ ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)について | 情報

20世紀日本人名事典の解説

諸井 三郎
モロイ サブロウ

昭和期の作曲家,音楽理論家,教育家 洗足学園大学教授。



生年
明治36(1903)年8月7日

没年
昭和52(1977)年3月24日

出生地
東京

学歴〔年〕
東京帝国大学文学部美学美術史科〔昭和3年〕卒,ベルリン音楽大学作曲科卒

経歴
東大在学中の昭和2年河上徹太郎今日出海らとスルヤ楽団を主宰して6年までに7回の演奏会を行った。7年ベルリン高等音楽学校に入学、レオ・シュラッテンホルツに師事、9年卒業して帰国、国際現代音楽協会日本支部の設置に尽力、日本作曲家連盟委員として活躍。12年新響第1回邦人作品コンクールに「ピアノ協奏曲ハ長調」が入選。以後作曲活動を続け13年「第2交響曲」、14年「弦楽六重奏曲」「ヴァイオリン協奏曲」、15年「第2ピアノ・ソナタ」「弦楽三重奏曲」、19年「第3交響曲」などを発表。この間、著作権協会理事や音楽コンクール委員を務めると共に入野義朗柴田南雄、戸田邦雄、團伊玖磨ら多くの作曲家を育てた。戦後21年から文部省社会教育視学官を務め、東京都交響楽団初代楽団長を経て、42年洗足学園大学音楽部長に。著書に「音楽形式論」「機能和声法」「楽式の研究」「ベートーヴェン弦楽四重奏曲―作曲学的研究」などがある。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

諸井 三郎の関連情報