コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謄勅符 とうちょくふ

世界大百科事典 第2版の解説

とうちょくふ【謄勅符】

勅旨を関係官司に施行する太政官符のこと。公式令の規定では,勅旨の施行法は詔書と同じで,勅裁のあったものは案として太政官にとどめ,在京諸司には勅の写しに太政官符を添えて下し,地方官司には勅旨の内容を写した官符を下すとされていた。この勅旨を盛りこんだ官符を謄勅符といった。このほか,太政官が下級官司からの上申を取り次いで奏上し,天皇の裁決を受けて施行する場合があり,その官符は駅伝による勅旨伝達の意味を加えて騰勅符といった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の謄勅符の言及

【勅】より

…太政官では〈奉勅旨如右,符到奉行〉の文言と,年月日,大・中・少弁および史の署名を加え,さらに1通を写して施行する。施行の方法は,京官に対しては勅旨に太政官符をそえ,外官に対しては勅旨を謄(うつ)した太政官符すなわち謄勅符を作成して下すのが原則であった。飛駅下式は,緊急を要する場合の勅の書式を定めたもので,中務卿以下の署名はなく,本文,年月日の次に,発送の時刻と駅鈴の刻数を付記することになっていた。…

※「謄勅符」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android