講座制(読み)コウザセイ

百科事典マイペディアの解説

講座制【こうざせい】

大学の編成方式の一つ。伝統的な方式で,科目制に対していう。学問上独立の体系をなし,かつ学部編成上主要な地位を占めると認められる分野の研究と教授に必要な組織形態(講座)を単位として,学部を編成する。講座は原則として専任教授がこれを担当,助教授助手を置く。戦前に創立された日本の大学の多くはこの方式による。しかし,現在,19世紀的な学問体系・分類が崩れつつあり,それに対応する試みが,行われてきており,1974年設置の筑波大学の学系・学群制はその一つである。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

こうざせい【講座制】

大学で、講座を研究教育の基本単位とする組織形態。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

講座制の関連情報