謝金(読み)しゃきん

精選版 日本国語大辞典「謝金」の解説

しゃ‐きん【謝金】

〘名〙 謝礼の金銭。礼金
※泰西勧善訓蒙(1873)〈箕作麟祥訳〉五「師は謝金を呈するのみを以て既に其恩に報いたりと思ふ可らず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「謝金」の解説

しゃ‐きん【謝金】

の金銭。礼金。
[類語]謝礼返礼報礼謝儀こころざし礼物礼金報謝報酬薄謝薄志謝辞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「謝金」の解説

【謝金】しやきん

礼金。

字通「謝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android