報謝(読み)ほうしゃ

精選版 日本国語大辞典「報謝」の解説

ほう‐しゃ【報謝】

〘名〙 (古くは「ほうじゃ」とも)
① 恩にい、徳に感謝すること。物などを贈って報いること。
※玉葉‐承安元年(1171)七月二〇日「其恩徳惣難報謝者也」 〔史記‐信陵君伝〕
② 神仏に報恩感謝すること。神仏への報恩の意味で慈善を施すこと。仏事を修した僧や巡礼に布施物を与えること。
※釈氏往来(12C後)二月日「豈忘報謝哉」
※浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)下「是々御坊、〈略〉此金子をほうしゃする」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「報謝」の解説

ほう‐しゃ【報謝】

[名](スル)
恩に報い、徳に感謝すること。物を贈るなどして報いること。「恵みの大地に報謝する」「報謝の念を表す」
神仏の恩に感謝し報いること。報恩のために金品を寄進したり、善行を積んだりすること。
仏事を行った僧に布施を与えること。西国巡礼者などに物を与えること。
[類語]謝礼返礼報礼謝儀こころざし礼物礼金謝金報酬薄謝薄志謝辞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「報謝」の解説

【報謝】ほう(はう)しや

謝礼。〔肋編、上〕魯直中に在り。常に得るを以て、來(きた)りてに易(か)ふ。報謝積久にして、尺牘(せきとく)に盈つ。之れを目(なづ)けて乞米帖と爲す。

字通「報」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android