報謝(読み)ホウシャ

デジタル大辞泉 「報謝」の意味・読み・例文・類語

ほう‐しゃ【報謝】

[名](スル)
恩に報い、徳に感謝すること。物を贈るなどして報いること。「恵みの大地報謝する」「報謝の念を表す」
神仏の恩に感謝し報いること。報恩のために金品を寄進したり、善行を積んだりすること。
仏事を行った僧に布施を与えること。西国巡礼者などに物を与えること。
[類語]謝礼返礼報礼謝儀こころざし礼物礼金謝金報酬薄謝薄志謝辞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「報謝」の意味・読み・例文・類語

ほう‐しゃ【報謝】

  1. 〘 名詞 〙 ( 古くは「ほうじゃ」とも )
  2. 恩に報い、徳に感謝すること。物などを贈って報いること。
    1. [初出の実例]「其恩徳惣難報謝者也」(出典玉葉和歌集‐承安元年(1171)七月二〇日)
    2. [その他の文献]〔史記‐信陵君伝〕
  3. 神仏に報恩感謝すること。神仏への報恩の意味慈善を施すこと。仏事を修した僧や巡礼に布施物を与えること。
    1. [初出の実例]「豈忘報謝哉」(出典:釈氏往来(12C後)二月日)
    2. 「是々御坊、〈略〉此金子をほうしゃする」(出典:浄瑠璃・堀川波鼓(1706頃か)下)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「報謝」の読み・字形・画数・意味

【報謝】ほう(はう)しや

謝礼。〔肋編、上〕魯直中に在り。常に院得るの筆を以て、來(きた)りて米に易(か)ふ。報謝積久にして、尺牘(せきとく)軸に盈つ。之れを目(なづ)けて乞米帖と爲す。

字通「報」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

選挙公営

国または地方公共団体が個々の候補者の選挙費用の一部または全額を負担すること。選挙に金がかかりすぎ,政治腐敗の原因になっていることや,候補者の個人的な財力によって選挙に不公平が生じないようにという目的で...

選挙公営の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android