コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

報謝 ホウシャ

デジタル大辞泉の解説

ほう‐しゃ【報謝】

[名](スル)
恩に報い、徳に感謝すること。物を贈るなどして報いること。「恵みの大地に報謝する」「報謝の念を表す」
神仏の恩に感謝し報いること。報恩のために金品を寄進したり、善行を積んだりすること。
仏事を行った僧に布施を与えること。西国巡礼者などに物を与えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうしゃ【報謝】

( 名 ) スル
他人の恩を報い感謝すること。 「山海の洪恩に-する所ある可しと雖ども/世路日記 香水
神仏の恩に報い感謝して、金品を供えたり念仏などの善行をなすこと。
仏事を行なった僧に礼を贈ること。また、巡礼などに金品を与えること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

報謝の関連キーワード年中行事(ねんじゅうぎょうじ)北川忠四郎浄土真宗改悔文遊行柳教誨師編み笠寒念仏山海善行報恩恵み遍路礼儀絵馬金品神仏相嘗念仏珍玩

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android