報礼(読み)ほうれい

精選版 日本国語大辞典「報礼」の解説

ほう‐れい【報礼】

〘名〙 にむくいること。謝礼をすること。また、その金品
※文明本節用集(室町中)「体群臣則士之(ホウレイ)重〔中庸〕」
※読本・唐錦(1780)二「旧主に何の報礼(ホウレイ)をかなさむ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「報礼」の解説

ほう‐れい【報礼】

他人のしてくれたことにむくいる礼。また、そのための金品。謝礼。
[類語]謝礼返礼謝儀こころざし礼物礼金謝金報謝報酬薄謝薄志謝辞

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「報礼」の解説

【報礼】ほう(はう)れい

恩に報いる礼。〔礼記、坊記〕君子、信讓以て百姓に(のぞ)むときは、則ち民の報禮重し。

字通「報」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android