コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謹啓 キンケイ

デジタル大辞泉の解説

きん‐けい【謹啓】

つつしんで申し上げること。手紙の最初に書くあいさつの語。「拝啓」よりも敬意が高い。「敬白」「謹言」で結ぶ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんけい【謹啓】

〔「つつしんで申し上げる」の意〕
手紙の最初に用いる挨拶あいさつの言葉。「拝啓」よりも敬意の度合が高い。 〔対応する結語には「敬白」をとることが多いが、「敬具」でも差し支えない〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

謹啓の関連キーワード揭・京・係・傾・兄・刑・勁・卿・啓・圭・型・境・契・形・径・徑・恵・惠・慧・慶・憩・憬・掲・携・敬・景・桂・渓・溪・炯・珪・畦・痙・稽・競・系・経・經・継・繋・繫・繼・罫・脛・茎・荊・莖・蛍・螢・計・詣・警・軽・輕・閨・頃・頸・鶏・鷄訓読粛呈度合粛啓頭語謹白結語

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android