譲原石器時代住居跡(読み)ゆずりはらせっきじだいじゅうきょあと

国指定史跡ガイドの解説

ゆずりはらせっきじだいじゅうきょあと【譲原石器時代住居跡】


群馬県藤岡市譲原にある住居跡。群馬県と埼玉県の県境を流れる神流(かんな)川の流れが東から北に変わる左岸に臨む段丘地帯にある。遺物は1933年(昭和8)から採集されていたが、1937年(昭和12)に遺構を発見。1946年(昭和21)からの発掘調査で、岩塊をほぼ長方形に敷き、その周囲4.3m×3.6mの範囲に小さな石礫(せきれき)が残存していることがわかった。中央には結晶片岩による長方形の石囲い炉跡があり、住居跡内から石鏃(せきぞく)、石斧(せきふ)、石錐(せきすい)が検出され、付近の集落跡からは縄文土器をはじめ土偶や石器が出土した。出土した土器や土偶から、縄文時代早期から晩期にかけての遺跡と考えられ、敷き石住居跡としては比較的規模も小さいが、奥深い山峡地域にある例として稀有なことなどから、1948年(昭和23)に国の史跡に指定された。JR高崎線新町駅から日本中央バス「体験学習館マグ」下車、徒歩すぐ。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android