コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

讃岐半島 さぬきはんとう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

讃岐半島
さぬきはんとう

四国地方北東部にある瀬戸内海に突き出た半円状の半島で、香川県の陸地部に相当する。南縁には中生代末期の和泉(いずみ)層群からなる讃岐山脈があり、北部には屋島(やしま)、国分台(五色台)などのメサと飯野(いいの)山などのビュートで特徴づけられる讃岐平野が広がる。開発の歴史は古く、サヌカイト(讃岐岩)でつくられた石器が発見されたり、条里遺構もみられる。約2万もの溜池(ためいけ)があり、わが国屈指の溜池灌漑(かんがい)地域である。[新見 治]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉の解説

さぬき‐はんとう〔‐ハンタウ〕【讃岐半島】

四国北東部にある瀬戸内海の備讃(びさん)瀬戸に突き出た半円状の半島。香川県の陸地全域にあたる。北部に屋島五色台などの卓状地と四国最大の讃岐平野が広がり、南縁には讃岐山脈が連なる。約2万もの溜(た)め池があり、わが国屈指の溜め池灌漑(かんがい)地域となっている。古くから四国への文化の入口だった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

讃岐半島の関連キーワード香川[県]四国地方新見

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android