コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷峠 たにとうげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

谷峠
たにとうげ

福井県の勝山市石川県白山市との境にある峠。大杉峠ともいう。標高 914m。勝山盆地手取川上流域との交易路として利用された。 1948年トンネルが開通。さらに 1971年新トンネルが完成。国道 157号線が通る。旧道はハイキング路となっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

谷峠の関連キーワード静岡県静岡市駿河区宇津ノ谷坂東 簑助(5代目)モヤヒルズスキー場西因幡県立自然公園柳亭 左龍(初代)蔦紅葉宇都谷峠有耶無耶の関宇津ノ谷峠河竹黙阿弥岡部[町]勝山[市]擌を背負う長居は恐れ加越山地丸子遺跡宇津の山安倍山地奥羽本線文弥殺しフラソコ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷峠の関連情報