コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷村新司 たにむら しんじ

2件 の用語解説(谷村新司の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

谷村新司 たにむら-しんじ

1948- 昭和後期-平成時代のシンガーソングライター。
昭和23年12月11日生まれ。46年堀内孝雄とアリスを結成,翌年矢沢透をくわえ,「冬の稲妻」などで人気をえる。53年山口百恵の「いい日旅立ち」を作詞,作曲。57年からソロ活動をはじめ,「昴(すばる)」「群青」などのヒット曲をだす。平成16年中国の上海音楽学院の教授に就任。25年震災孤児支援曲「風の子守歌」の作詞などで毎日芸術賞。同年「谷村新司40周年特別記念コンサート~40Vibration~」他で芸術選奨文部科学大臣賞。大阪府出身。桃山学院大中退。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

知恵蔵miniの解説

谷村新司

日本のシンガー・ソングライター。1948年12月11日、大阪府生まれ。72年、堀内孝雄らと結成したフォークグループアリス」でデビューし、「冬の稲妻」「帰らざる日々」「チャンピオン」などのヒット曲を連発する。82年のアリス活動停止以降は、並行して行っていたソロ活動やアーティストへの楽曲提供を本格化させ、「昴 –すばる-」「いい日旅立ち」「サライ(加山雄三との共作)」などのスタンダードナンバーを多数発表し、海外での公演も精力的に実施。2004年からは上海音楽学院の教授を務め、後進の育成にも力を入れている。13年、毎日芸術賞と芸術選奨文部科学大臣賞(大衆芸能部門)を受賞。15年には紫綬褒章を受章した。

(2015-4-30)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷村新司の関連キーワード井上陽水高松伸松任谷由実五輪真弓木下実須田寛高石友也つのだ ひろ長谷川きよし秦新二

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

谷村新司の関連情報