谷水(読み)たにみず

精選版 日本国語大辞典の解説

こく‐すい【谷水】

〘名〙 谷の水。渓水。たにみず。
※本朝文粋(1060頃)一一・観賜群臣菊花詩序〈紀長谷雄〉「故谷水洗花、汲下流而得上寿者、三十余家」 〔班彪‐北征賦〕

たに‐みず ‥みづ【谷水】

〘名〙 谷間を流れる水。谷川の水。また、谷にわくしみず。こくすい。
※赤人集(11C初か)「たにみづのことのねたえずあしゆればときのまをだにふだてずぞきく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

谷水の関連情報