コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊竹此太夫(1世) とよたけこのたゆう[いっせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊竹此太夫(1世)
とよたけこのたゆう[いっせい]

[生]元禄13(1700)
[没]明和5(1768)
義太夫節の太夫。大入りのときは聞き取れないほど調子が低かったが,節細かく,憂いがきき,ときには派手な気分を表現,いまに伝わる語り風を確立して竹本座の大立物となった。寛延1 (1748) 年『忠臣蔵』のとき人形遣い吉田文三郎と衝突,豊竹座へ移って豊竹姓になり,翌年受領して豊竹筑前少掾となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

豊竹此太夫(1世)の関連キーワードラマッツィニクレメンス11世ライネカルロス[2世]キャラコ禁止法北方戦争インダス文明インノケンチウス12世カルロス2世カンタータ