ライネ(英語表記)Rhyne, Willem ten

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ライネ Rhyne, Willem ten

1647-1700 オランダの医師。
ライデン大にまなび,延宝2年(1674)長崎の出島商館医として来日。岩永宗故と医学問答をおこない,その記録が嵐山甫安の「蕃国治方類聚(ばんこくちほうるいじゅ)」にのこる。日本の痛風治療と鍼灸(しんきゅう)術を研究して「関節炎論」を刊行し,茶の木,樟(くすのき)を西洋に紹介した。1700年6月1日バタビア(現ジャカルタ)で死去。53歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ライネ
らいね
Willem ten Rhijne
(1647―1700)

オランダの医師。デーフェンテルで生まれる。ライデン大学で医学教育を受け、医師となった。東インド会社の医師に任命され、1674年バタビアに赴任し、同年、長崎に渡来し、重病の将軍徳川家綱を診察、治療した。彼は鍼(はり)や灸(きゅう)について記載刊行した最初の西欧医師であった。日本からバタビアに帰ったのち、植物学に没頭し、いくつかの新種の植物を発見した。バタビアで死去。[中山 沃]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android