コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルノルト Arnold, Gottfried

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アルノルト
Arnold, Gottfried

[生]1666
[没]1714
ドイツの神学者。シュペーナーの影響を受け,1689年頃神秘主義的傾向をもった敬虔主義者の集会に入る。教会の歴史を,起源からの堕落の歴史であるとみなし,教会の模範として原始キリスト教を研究。ギーセン大学教会史教授に迎えられたが,すぐにやめ,牧師となり,著述に専念する。主著『分派教会と異端者の歴史』 Unparteiische Kirchen-und Ketzerhistorie (4巻,1699) において,神秘的傾向の分派教会をつくった「異端者」を真のキリスト教徒とみなし,論争を起したが,異端者自身の著書に基づいて叙述するというその試みは,教会史研究に貢献するところが多かった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アルノルト【Gottfried Arnold】

1666‐1714
ドイツの神秘家,教会史家,詩人。ウィッテンベルク大学に学び,硬直化したルター派神学に失望,ドレスデンで知りあったシュペーナーの感化をうけて敬虔主義の信仰をもつが,さらに当時の急進的スピリチュアリストに触発されて現世否定,教会否定の過激な思想家となる。ギーセン大学の歴史学教授を1年足らずで辞職,学問を否定し,収集した膨大な古今の蔵書を焼き払った。後半生はペルレベルクの牧師となり教会に復帰した。毀誉褒貶(きよほうへん)の多い人物であるが,一貫して超越的存在の実体験を信仰の核心におき,キリストの教えの実践を主張しみずから実行した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

アルノルトの関連キーワードマルクス(Karl Heinrich Marx)オイケン(Walter Eucken)ハリソン(Lou Harrison)モデル(Lisette Model)J.アドルフ ペーターセンアーノルト ブロンネンクリスチャン マイヤーペレアスとメリザンドピエロ・リュネールワルター オイケン月に憑かれたピエロキリスト教神秘主義カルル ラデックツェムリンスキー表現主義の音楽ランブール兄弟10月16日ペーターセン浄められた夜ロゼ四重奏団

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android