コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞観寺 じょうがんじ

1件 の用語解説(貞観寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうがんじ【貞観寺】

京都市伏見区にあった真言宗の寺。851年(仁寿1)惟仁(これひと)親王(のち清和天皇)加護のため,外祖父藤原良房が空海の弟子真雅(しんが)と図って建立した。当初は嘉祥寺(かしようじ)西院と呼ばれたが,862年(貞観4)に貞観寺と改称,嘉祥寺より独立する。広大な堂舎が造営され,本寺の嘉祥寺をしのぐ勢いを誇ったが,摂関家の衰退とともに廃れていった。《法華霊場記》(1686)には〈墨染寺〉と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

貞観寺の関連キーワード三宝院総持寺宝塔寺阿弥陀寺稲荷神社城南寺清閑寺仙界御代鶴名聲

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone