コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞観寺 じょうがんじ

1件 の用語解説(貞観寺の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうがんじ【貞観寺】

京都市伏見区にあった真言宗の寺。851年(仁寿1)惟仁(これひと)親王(のち清和天皇)加護のため,外祖父藤原良房が空海の弟子真雅(しんが)と図って建立した。当初は嘉祥寺(かしようじ)西院と呼ばれたが,862年(貞観4)に貞観寺と改称,嘉祥寺より独立する。広大な堂舎が造営され,本寺の嘉祥寺をしのぐ勢いを誇ったが,摂関家の衰退とともに廃れていった。《法華霊場記》(1686)には〈墨染寺〉と呼んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

貞観寺の関連キーワード百済貴命岸本雅美仁寿群馬の平成の大合併首都直下地震と断水伊豆ヶ岳エリヤ嘉祥勝持寺仁寿

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone