コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貞観寺(読み)じょうがんじ

世界大百科事典 第2版の解説

じょうがんじ【貞観寺】

京都市伏見区にあった真言宗の寺。851年(仁寿1)惟仁(これひと)親王(のち清和天皇)加護のため,外祖父の藤原良房が空海の弟子真雅(しんが)と図って建立した。当初は嘉祥寺(かしようじ)西院と呼ばれたが,862年(貞観4)に貞観寺と改称,嘉祥寺より独立する。広大な堂舎が造営され,本寺の嘉祥寺をしのぐ勢いを誇ったが,摂関家の衰退とともに廃れていった。《法華霊場記》(1686)には〈墨染寺〉と呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android