コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貢税 グゼイ

デジタル大辞泉の解説

ぐ‐ぜい【貢税】

中世、寺社へのみつぎもの。租税

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐぜい【貢税】

みつぎもの。特に、中世、寺社への寄進をいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

貢税の関連キーワードチェルニゴフスキーオイラート(瓦剌)プリンシパリーアゴンブルサ事件セレウコス朝クラゾメナイタイジングジュンガルクレオン赤山陣屋八丈実記黒死病ジズヤ田令中世貢法寄進元金

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android