コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蔵根 チョゾウコン

3件 の用語解説(貯蔵根の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ちょぞう‐こん〔チヨザウ‐〕【貯蔵根】

養分を蓄えるために特殊な形に肥大した根。サツマイモダイコンゴボウダリアなど。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

貯蔵根
ちょぞうこん

肥大して、柔組織中に養分を多量に貯蔵した根をいう。養分は糖質が主で、たいていはデンプンデンプン粒として蓄えられる。ダリアやキキョウではイヌリンを含む。貯蔵根の形はさまざまで、サツマイモやダリアのように紡錘形(いわゆるいも状)のものは、とくに塊根という。ダイコン、ニンジン、ゴボウなどは円錐(えんすい)形、カブやサトウダイコンなどは球形となる。このほか、貯蔵根を形成する植物としてはヤマゴボウ、オシロイバナ、トリカブト、カラスウリなどがある。貯蔵根の形成過程は一様ではなく、根だけから形成されるもの、胚軸(はいじく)と根とからなるもの、さらに胚軸と根に茎も加わるものがある。肥大の仕方は、ニンジンのように通常の維管束形成層の活動による場合が多く、木部や篩部(しぶ)はほとんど柔組織で占められる。しかし、サトウダイコン、サツマイモ、カブ、ダイコンなどでは特殊な形成層が現れ、いわゆる異常肥大を行う。[西野栄正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の貯蔵根の言及

【根】より

…根には柔組織が比較的よく発達しているが,その細胞にデンプンが貯蔵されていることが多い。養分の貯蔵が異常に発達したものが貯蔵根storage rootで,アブラナ科のものでは胚軸と主根の基部がよく発達するし,サツマイモでは根(塊根tuber)そのものが肥大している。根が地上に現れたものを気根といい,通気のはたらきをするものもある。…

※「貯蔵根」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone