コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯蔵病害 ちょぞうびょうがい

1件 の用語解説(貯蔵病害の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

貯蔵病害【ちょぞうびょうがい】

市場病害あるいはポストハーベスト病害とも。農産物の収穫後から,貯蔵,輸送,販売に至るまでの期間に生じる病害。特に果物や野菜などの生鮮食品で問題となる。これらには,外観健全であったがすでに収穫前に病原菌が感染している場合と,収穫後の種々の作業中に生じた傷口から新たに病原菌が感染する場合があり,黒かび病,炭疽病灰色かび病青かび病緑かび病軟腐病などによる被害が大きい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

貯蔵病害の関連情報