コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰色かび病 はいいろかびびょう

2件 の用語解説(灰色かび病の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

灰色かび病【はいいろかびびょう】

不完全菌類ボトリティス・シネレアBotrytis cinereaの寄生によって引き起こされる植物の病気。果実や花が褐色に変色し,表面に灰色のカビが密生する。本菌は栽培中の植物や収穫後の成熟した果実に感染し,またたく間にまんえんする。
→関連項目貯蔵病害

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰色かび病
はいいろかびびょう

トマト、キュウリイチゴシクラメンなど野菜類、果実、花類に広く発生する病気で、ボトリティス・シネレアBotrytis cinereaという不完全菌に属するカビの寄生によっておこる。若い葉や果実、花弁などによく発生する。病気にかかると褐色になり、表面に灰色のカビ(分生胞子)を密生し腐る。温室やハウス栽培で湿度が高いと発生が多い。果実、野菜など輸送中に発生し、大きな被害を与えることがある。また、花では花弁にしみ状の斑点(はんてん)を生ずることがあり、ランなどでは商品価値を低下させる。防除は、できるだけ湿度を下げるようにすること、発生を認めたら、プロシミドン、イプロジオン、ビンクロゾリン剤などを散布するが、薬剤に対し抵抗力をもった耐性菌ができやすいので、同一薬剤の連用を避け、スルフェン酸系水和剤などと交互に散布する。また、1999年以降、生物農薬バチルスズブチリス剤(「ボトキラー」)も使われるようになった。[梶原敏宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

灰色かび病の関連キーワードネレウス不完全菌類灰色黴病不完全不完全花不完全葉レアリテディスアビリティートリコスポロン属不完全菌

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

灰色かび病の関連情報