コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

灰色かび病 はいいろかびびょう

百科事典マイペディアの解説

灰色かび病【はいいろかびびょう】

不完全菌類ボトリティス・シネレアBotrytis cinereaの寄生によって引き起こされる植物の病気。果実や花が褐色に変色し,表面に灰色のカビが密生する。本菌は栽培中の植物や収穫後の成熟した果実に感染し,またたく間にまんえんする。
→関連項目貯蔵病害

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

灰色かび病
はいいろかびびょう

トマト、キュウリ、イチゴ、シクラメンなど野菜類、果実、花類に広く発生する病気で、ボトリティス・シネレアBotrytis cinereaという不完全菌に属するカビの寄生によっておこる。若い葉や果実、花弁などによく発生する。病気にかかると褐色になり、表面に灰色のカビ(分生胞子)を密生し腐る。温室やハウス栽培で湿度が高いと発生が多い。果実、野菜など輸送中に発生し、大きな被害を与えることがある。また、花では花弁にしみ状の斑点(はんてん)を生ずることがあり、ランなどでは商品価値を低下させる。防除は、できるだけ湿度を下げるようにすること、発生を認めたら、プロシミドン、イプロジオン、ビンクロゾリン剤などを散布するが、薬剤に対し抵抗力をもった耐性菌ができやすいので、同一薬剤の連用を避け、スルフェン酸系水和剤などと交互に散布する。また、1999年以降、生物農薬バチルスズブチリス剤(「ボトキラー」)も使われるようになった。[梶原敏宏]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

灰色かび病の関連キーワードピリミジン系殺菌剤細胞壁合成阻害剤電子伝達系阻害剤細胞分裂阻害剤ボトリチスダイセン灰色黴病ブドウ樹病

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android