暦数(読み)レキスウ

デジタル大辞泉 「暦数」の意味・読み・例文・類語

れき‐すう【暦数】

太陽や月の運行を測って暦を作る技術。また、こよみ。
自然にめぐってくる運命。めぐりあわせ。命数。「暦数に従う」
年代の数。年数。「暦数すでに千年に及ぶ」
[類語]運命運勢命運天運天命巡り合わせ回り合わせ星回り命数宿命宿運定め時運因縁

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「暦数」の意味・読み・例文・類語

れき‐すう【暦数】

  1. 〘 名詞 〙
  2. 季節のめぐり。また、こよみを作る基礎としての日月運行の度数。また、こよみの学問
    1. [初出の実例]「頭一人。〈掌天文。暦数。風雲気色。有異密封奏聞事〉」(出典令義解(718)職員)
    2. [その他の文献]〔書経‐洪範〕
  3. 自然にめぐって来る運命。めぐりあわせ。命数。
    1. [初出の実例]「将軍星有列、暦数火相承」(出典:菅家文草(900頃)二・後漢書竟宴、各詠史、得光武)
    2. [その他の文献]〔書経‐大禹謨〕
  4. 年代。年数。
    1. [初出の実例]「隆周の昭王穆王暦数永し。吾君も又暦数永し〈藤原伊周〉」(出典:新撰朗詠集(12C前)下)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「暦数」の読み・字形・画数・意味

【暦数】れきすう

暦法上の年数。また、めぐりあわせ。天運。宋・軾〔寄韻に書す〕詩 數、三軒冕(けんべん)(高官)の客 色聲、誰(たれ)か是れ獨り完きの人

字通「暦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報