暦数(読み)れきすう

精選版 日本国語大辞典「暦数」の解説

れき‐すう【暦数】

〘名〙
① 季節のめぐり。また、こよみを作る基礎としての日月運行度数。また、こよみの学問
令義解(718)職員「頭一人。〈掌天文。数。風雲気色。有異密封奏聞事〉」 〔書経‐洪範
② 自然にめぐって来る運命。めぐりあわせ。命数。
※菅家文草(900頃)二・後漢書竟宴、各詠史、得光武「将軍星有列、暦数火相承」 〔書経‐大禹謨〕
年代年数
※新撰朗詠(12C前)下「隆周の昭王穆王暦数永し。吾君も又暦数永し〈藤原伊周〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「暦数」の解説

れき‐すう【暦数】

太陽や月の運行を測って暦を作る技術。また、こよみ。
自然にめぐってくる運命。めぐりあわせ。命数。「暦数に従う」
年代の数。年数。「暦数已(すで)に千年に及ぶ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android