コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賄い マカナイ

デジタル大辞泉の解説

まかない〔まかなひ〕【賄い】

食事や宴の用意をすること。また、下宿・寮などで作って出す食事や、それを作る役目の人。「寮の賄い
料理人が自分たちの食事のために、あり合わせの材料で作る料理。最近は「まかない料理」と称する、手の込んだ料理を出す店もある。
給仕をすること。また、その人。
「御髪(みぐし)あげ参りて、蔵人ども、御―の髪あげて参らするほどは」〈・一〇四〉
間に合わせること。
「当座―に金とるだましの空誓文」〈浄・氷の朔日
費用を出すこと。
「一切わたしらが―で」〈人・梅児誉美・三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まかない【賄い】

〔動詞「賄う」の連用形から〕
食事を用意して食べさせること。また、その役の人。 「寮の-をしている」
準備。世話。 「御手水など参りたる様は例のやうなれど、-目ざましう思されて/源氏 浮舟
給仕をすること。また、その人。 「御-は命婦の君/栄花 着るは佗し
とりはからうこと。やりくり。間に合わせ。 「諸事を春の事とてのばし当分の-ばかりに暮れければ/浮世草子・胸算用 3
負担。面倒を見ること。 「しかも一切わたしらが-で/人情本・梅児誉美 3
近世の廻船乗組の役職の一。会計事務を担当し、親司おやじ・表仕おもてしとともに三役と呼ばれ、船頭を補佐する役で賄方まかないかた・岡廻りともいい、日本海方面では知工ちくという。
「賄い料理」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

賄いの関連キーワード大阪湾広域臨海環境整備センター(大阪湾フェニックスセンター)石綿による健康被害の救済に関する法律(石綿新法)新川周辺地区都市再生整備計画賄い料理・まかない料理京都議定書目標達成計画旧聖堂の移築・復元北九州市の新球技場ボーディングハウスJ.V. ゴメス顎・腭・頤・頷国民健康保険ワーズワーススチュワードボーディングイ・ジンウ馬肉の生産浮世草子手形市場日露戦争唐人屋敷

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

賄いの関連情報