コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本と経営の分離 しほんとけいえいのぶんり

2件 の用語解説(資本と経営の分離の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本と経営の分離
しほんとけいえいのぶんり

所有と経営の分離」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資本と経営の分離
しほんとけいえいのぶんり

所有と経営の分離、出資と経営の分離ともいう。企業が発展するにつれ、出資機構と経営機構とが別々の人々によって分担されるようになる現象をいう。出資者(資本家。法律上の企業所有者)が経営に関与しなくなり、別の専門家(専門経営者)が経営上の実権(支配力)をもつようになる傾向、ともいいかえられる。
 企業の本質的要素は、出資と経営である。出資とは、企業行動による危険を第一次的に負担し、原則として返還期限の定めのない資本の拠出をいう。資本の拠出者である出資者は、法的に企業の所有者であり、その理由によって、企業行動を基本的に左右する意思決定を中心にした経営に関与する。もっとも低度な企業においては、出資と経営の両者が、1人の者に合一している(一人経営)。それが低度とされるのは個人の出資と経営の能力には限界があるからである。この限界を超えて企業を量的・質的に発展させるには、複数人が協働する企業システムの形成が必要である。出資者の多数化は、資本の集中つまり企業の量的発展には好都合であるが、これら多数の出資者がすべて経営に関与することは、統一的経営機能の遂行を困難にしていく。この矛盾を解消するために、出資者の一部を経営者とする三権分立型の企業システムが採用されるようになる。企業の巨大化がさらに進むと、企業の内容は複雑になり、三権分立システムは形骸(けいがい)化して、経営の実権は、大規模・複雑化した企業を指導し調整する理念、資質、能力、技術、経験を備えた専門経営者(出資を選任理由としない)が握るようになる。このような傾向は、1930年のG・C・バーリ、A・A・ミーンズ以来、数多くの調査によって実証され、日本においても基本的に妥当するとされている。[森本三男]
『三戸浩著『日本大企業の所有構造』(1983・文眞堂) ▽片岡信之著『現代企業の所有と支配』(1992・白桃書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の資本と経営の分離の言及

【所有と経営の分離】より

…一般に,単一または少数の資本所有者による経営支配から,資本所有者が分散し,経営者職能を専門にする者に経営をゆだねられた,いわゆる専門経営者による経営支配へ移行する過程をいう。〈所有〉は資本の所有の意味なので,〈資本と経営の分離〉ということもある。 企業の規模が小さいころは,資本所有者は同時に経営の支配者でもあったが,市場の拡大,企業規模の拡大に伴って巨大な資本調達が必要となり,企業は譲渡可能な株式を発行した。…

※「資本と経営の分離」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資本と経営の分離の関連情報