コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資本ストック しほんストック capital stock

翻訳|capital stock

3件 の用語解説(資本ストックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資本ストック
しほんストック
capital stock

(1) 広義には再生産可能な有形固定資産残高を意味し,(2) 狭義には生産および生産性分析のために用いられる生産資本ストックを意味する。 (1) の場合にはさまざまな概念のものがある。ストックの推計方法にも各種あり,代表的なものとしてベンチマークイヤー法 (ある基準年次の残高を基礎としてその前後の純投資額を加算または減算していく方法) ,パーペチュアル・インベントリー法 (その財の耐久年数期間の純投資を積上げ,耐用期間を経過したものを落していく方法) ,実物評価法 (数量×単価でストックを求める方法) などがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しほん‐ストック【資本ストック】

企業が生産に使用するために保有している建物や設備、あるいは、国や自治体が産業や生活の基盤として整備した社会資本の量。金額に換算して示される。固定資産の評価方法の違いにより、粗資本ストック純資本ストック生産的資本ストックの3種類の概念がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しほんストック【資本ストック】

生産設備の総量。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資本ストックの関連キーワード耐用年数無形固定資産国富固定資本有形固定資産労働装備率固定資産税評価額固定資産台帳残存価額のれん代

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資本ストックの関連情報