コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資産公開 しさんこうかい

2件 の用語解説(資産公開の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資産公開
しさんこうかい

1984年の第2次中曽根内閣から始められた慣行。公開される資産の範囲は,閣僚本人名義の (1) 土地・建物,(2) 当座預金を除く預貯金と国債・公債・株式・投資信託貸付信託などの有価証券,(3) 貸付金と借入金,(4) ゴルフ会員権自動車のほか 100万円以上と推定される書画,刀剣などの美術工芸品である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

資産公開

議員の資産を国民の監視の下に置き、地位を利用した蓄財や政治資金の私的流用などをチェックするのが狙い。リクルート事件の反省から国会議員の資産・所得の公開制度が1993年1月から始まった。国会議員は任期開始の時に持っている土地、建物、預貯金、有価証券、自動車、美術工芸品、ゴルフ会員権などを記した資産報告書を100日以内に議長に提出しなければならない。任期が始まった後は、新たに資産を持った場合には補充報告書を4月に提出する。収入や所得も、前年分の総所得金額などを書いた所得報告書を翌年4月中に議長に出す。また毎年4月に、報酬を得て会社などの役員、顧問などの職に就いている時は、会社、役職名を記載した関連会社報告書を出さなければならない。両院で閲覧ができるが、コピーが認められておらず、批判がある。罰則はなく、株式名の記載を拒否した議員もいる。違反の内容によって政治倫理審査会の審査対象になる。閣僚の資産公開も中曽根内閣時代の84年1月から始まり、その後、政務官・副大臣にも拡大。同居する親族の資産も届け出対象になっている。

(星浩 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

資産公開の関連キーワード公開裁判当座資産置き注ぎオリジネーター資産公開制度監視社会琉球政府議員提案による政策条例政治家の所得や資産公開制度国会議員資産公開法と所得公開

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

資産公開の関連情報