コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資陽人 しようじんZiyang-ren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

資陽人
しようじん
Ziyang-ren

中国四川省資陽県で,1951年,鉄橋工事の際に発見された化石人骨。翌年,裴文中らが発掘を広げ,多数の更新世中期および更新世後期の動物化石を得た。資陽人は後者の化石群に伴う。眼窩上隆起は現代人より発達するが,新人類に属し,原モンゴロイド人骨と考えられている。文化遺物としては骨錐1個が伴出しただけである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しようじん【資陽人 Zī yáng rén】

1951年,中国四川省資陽県の黄鱔渓にかけられた鉄橋の工事中に,多数の哺乳動物化石とともに発見された人類の頭蓋。50歳以上の女性と推定され,脳頭蓋はほぼ完全であるが頭蓋底を欠き,顔面骨としては上顎骨口蓋骨の一部だけが残存している。頭蓋は高く,前頭部は膨隆し,最大幅は頭頂結節の位置にあるなど,全般的形態からこれが新人であることは確かであるが,現代人にくらべて眼窩上隆起が強く,前頭骨頭頂骨の湾曲が弱いなど原始的特徴も見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

資陽人
しようじん
Ziyang-ren

中国で発見された新人段階の化石人類。1951年、四川(しせん/スーチョワン)省資陽県付近の鉄橋工事の際に、多数の哺乳(ほにゅう)類化石とともに出土した。頭蓋(とうがい)底を欠く脳頭蓋と上顎(じょうがく)骨、口蓋骨だけが発見された。成人女性とみられる。頭蓋が高く、前頭部が膨らんでいるので、新人と思われるが、眼窩上(がんかじょう)隆起は現代人より発達している。クロマニョン人や山頂洞人よりやや古い形態をとどめているため、中国における最古の新人とみなされたが、伴出した木材の分析から、約7500年前と年代がはるかに新しく推定されている。[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の資陽人の言及

【四川[省]】より


[歴史]
 四川盆地の沱江中流部,資陽県黄鱔渓(こうぜんけい)では,1951年,人類の頭骨の化石が出土した。のち,その周辺から尖頭器などの石器が発見され,旧石器時代の〈資陽人〉が確認された。西部高原の大渡河流域,漢源県富林鎮でも旧石器時代後期の石核や石片などの石器がみつかっている。…

※「資陽人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

資陽人の関連キーワード呉汝康

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android