コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質地小作 しちちこさく

4件 の用語解説(質地小作の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

しちちこさく【質地小作】

しっちこさく【質地小作】

貸金の抵当にとった土地を小作させること。債務者がそのまま小作をする直小作と、それ以外の者が小作する別小作がある。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

百科事典マイペディアの解説

質地小作【しっちこさく】

江戸時代広く行われた小作形態。質に入れた土地を小作すること。田畑の質入主が質地をそのまま耕作し質取主に小作料を納入するものを直小作,質入主以外の第三者が質取主と小作関係に入るものを別小作という。
→関連項目小作制度田畑永代売買禁止令

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

質地小作
しっちこさく

質入れ地を小作すること。江戸時代には、田畑永代売買が禁止されていたため、質入れの形式で土地の移動が行われた。質地を質入れ主が小作する場合を直(じき)小作、それ以外の者が小作するのを別小作という。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の質地小作の言及

【小作制度】より

…近世の小作制度に関しては,《地方凡例録》では直(じき)小作・別小作・永(えい)小作・名田(みようでん)小作・家守小作・入小作の6種類をあげている。また,小野武夫は近世の多様な小作慣行の存在を指摘し,小作地・小作人・小作料・小作期限という四つの指標にもとづいて31種類に整理し,小作形態を小作地の物権的特質から名田小作と質地小作に大別し,さらに名田小作を普通小作と永小作に,質地小作を直小作と別小作にそれぞれ分類している。 名田小作とは中世の名主田とは異なり,近世の土地制度の根幹である検地によって高請(たかうけ)された土地の貸借にもとづくものであり,無高(むだか)あるいは零細高持(たかもち)農民が大高持農民から田畑屋敷地を借り受けて耕作する形態である。…

【未進】より

…そのため,村のなかではつねに金融が行われていたが,そのような年貢村請の方法がうまく機能しない場合に,個々の百姓の年貢不納,未進が表面にあらわれたのである。それは同時に質地小作の増大ということであった。【深谷 克己】。…

【百姓】より


[百姓経営の分解と地主・小作関係]
 17世紀末~18世紀初頭以降における上述のような農業の発達は,百姓経営(小農経営)に担われた農業生産力の発達である。大坂周辺農村では元禄期(1688‐1704)には農産物の販売がみられ,田畑永代売買禁止令下での事実上の永代売が行われ,それにともなって百姓所持地の集中と喪失がすすみ,質地小作関係が展開する。1723年(享保8)の流地禁止令撤回を経て,質地小作は各地で広範に,急速に展開する。…

※「質地小作」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone