コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

質量とエネルギーの等価性 しつりょうとエネルギーのとうかせいequivalence between mass and energy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

質量とエネルギーの等価性
しつりょうとエネルギーのとうかせい
equivalence between mass and energy

一般には一定量の質量 m は一定量のエネルギー mc2 (c は真空中の光速度) に対応することをいう。すなわち 1kg の質量は 9×1016 J のエネルギーに対応する。したがって,ある反応の前後に体系の静止質量Δm0 だけ減少するとき,運動エネルギー,熱エネルギー,電磁波 (光) エネルギーなどが Δm0c2 だけ増加する。また逆に静止質量が増加すると,エネルギーが減少する。すなわち体系の静止質量 m0 はエネルギー m0c2 に対応する。通常このエネルギーを質量のエネルギーと呼ぶ。化学反応においては静止質量の変化の割合は 10-10 程度できわめて小さいが,原子核が関係する現象においてこの割合は最高約 1%にも達し,質量とエネルギーの等価性が顕著に現れる。この等価性は初め A.アインシュタイン特殊相対性理論から導き出されたが,1932年 J.コッククロフトと E.T.S.ウォルトンが陽子を 7Li に当てて 2個のα粒子に転換させる核反応の実験で検証した。核分裂核融合の際には静止質量の変化が著しく,多量の運動エネルギーや光のエネルギーが生じる。このように原子核の中には質量の形でエネルギーがたくわえられているとみなし,これを核エネルギー,あるいは俗に原子力という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の質量とエネルギーの等価性の言及

【相対性理論】より

…質量は,それが静止しているだけでmc2のエネルギーをもつのである。これが有名な質量とエネルギーの等価性であり,後に原子核エネルギーとして利用される巨大なエネルギーの理論的基礎である。 ニュートン力学はこのように修正されたのであるが,マクスウェル理論のほうはどうなったのであろうか。…

※「質量とエネルギーの等価性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

質量とエネルギーの等価性の関連キーワード相対論的エネルギー相対論的効果質量欠損核反応対生成

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

質量とエネルギーの等価性の関連情報