コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賽金花 さいきんかSài Jīn huā

世界大百科事典 第2版の解説

さいきんか【賽金花 Sài Jīn huā】

1872‐1936
中国の名妓。江蘇省蘇州に生まれ,15歳で妓女となる。まもなく50歳の洪鈞に見初められ,翌年その側室となる。洪鈞は同治7年(1868)の科挙首席合格者(状元)であった。この年,洪鈞はロシア,ドイツ,オーストリア,オランダの四国全権公使に任じられたので,ともにヨーロッパに行き,おもにベルリンで4年間滞在。帰国後,まもなく洪鈞が死ぬと上海,天津で妓楼を開き,大いに名をあげた。1900年(光緒26),義和団事件の際北京に避難し,ドイツ語を話せることから8ヵ国連合司令官のドイツ人ワルデルゼーにとり入り,連合軍と北京市民の摩擦を防いだことによって人望を得た。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

賽金花
さいきんか / サイチンホワ
(1872―1936)

中国、清(しん)末民初の妓女(ぎじょ)。本名は趙彩雲(ちょうさいうん)。江蘇(こうそ/チヤンスー)省蘇州(そしゅう/スーチョウ)の生まれ。15歳で妓女となる。駐ドイツ公使洪釣(こうきん)の妾(めかけ)となり、ドイツ、ロシアを歴訪。洪の死後、上海(シャンハイ)、天津(てんしん/ティエンチン)、北京(ペキン)の妓界に返り咲き、官界と交わって賽二翁(サイアルウォン)とあだ名された。義和団事件のときドイツ司令官ワルデルゼーに愛され、厳しい講和条件の緩和に奔走。1936年の綏遠(すいえん)事件を機に抗日運動が起こると、一時救国の英雄ともてはやされた。曽撲(そうぼく)の小説『海花(げっかいか)』の主人公として描かれ、のちまた夏衍(かえん)の戯曲『賽金花』に再登場し、広くその名を知られている。[山下龍三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

賽金花の関連キーワード【げっ】海花11月9日孽海花夏衍