赤い蝋燭と人魚(読み)あかいろうそくとにんぎょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤い蝋燭と人魚
あかいろうそくとにんぎょ

小川未明(みめい)の短編童話。未明の童話における代表作の一つといわれているもの。1921年(大正10)2月『東京朝日新聞』夕刊に5日にわたり連載。北の海に住む女の人魚が、自分の子供だけは人間の世界で幸福に暮らさせたいと、娘を海辺の神社の下に産み落とす。近くの蝋燭屋の老夫婦がその人魚の娘を拾って育てるが、金に目がくらんで見せ物師に売り渡すと、天罰か、嵐(あらし)がおこって娘を運ぶ船は沈み、蝋燭屋夫婦のいた町も滅びてしまうという粗筋。未明の正義感が暗いロマンチシズムと溶け合って、印象的な作品である。[上笙一郎]
『『小川未明童話集』(旺文社文庫・新潮文庫) ▽上笙一郎著『未明童話の本質』(1966・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

あかいろうそくとにんぎょ あかいラフソクとニンギョ【赤い蝋燭と人魚】

童話。小川未明作。大正一〇年(一九二一)発表。人間に対する人魚の信頼と善意を裏切ったため、町が滅ぼされる物語。ロマンティシズムとヒューマニズムの香り高い、作者の代表作。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android