コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤かび病(トウモロコシ)

飼料作物病害図鑑の解説

赤かび病(トウモロコシ)

暖地での発生が多い穂をかびさせる糸状菌病。夏の終わりから秋にかけて発生し、主に雌穂に淡紅色または鮭肉色のかびを生じる。病勢が進むと紫黒色となり、穂軸まで侵されることもある。病原菌は日本では多くの穀類で報告されているG.zeaeとF. verticillioides(G. fujikuroi-complexの一種)の2種がある。後者はウマの白質脳症、ブタの肺浮腫等の原因と目され、ヒトの食道がんとの関係も取りざたされるフモニシンを産生するため、注意が必要である。

出典|畜産草地研究所飼料作物病害図鑑について | 情報

赤かび病(トウモロコシ)の関連キーワード赤かび病アカカビオオムギ赤黴病

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android